FC2ブログ

アバウト時刻

プロフィール

フライパン油もビッチ

Author:フライパン油もビッチ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100周年もインテル「夏の大型補強はない」 

パルマのドメニコ・ディ・カルロ政権は、わずか数カ月間で終焉を迎えた。トンマーゾ・ギラルディ会長は、最近でもディ・カルロの続投を主張する発言を続けていたが、結局パルマはホームでのサンプドリア戦に1-2で敗れた後、彼を解任することを決定した。

トンマーゾ・ギラルディ会長は忙しく動き回っている。批判の波に押されたパルマの会長は、即座にドメニコ・ディ・カルロを解任したが、後任監督との契約は確保できていない。
マッツォーネとデ・ビアージに就任を断られたことで、パルマは過去に回帰するのが最も現実的な案であるかのように見えた。ネビオ・スカラを監督、ジジ・アポッローニとダニエレ・ゾラットをアシスタントコーチとする“三頭政治”は、サポーターの支持も得られるはずだった。スカラの出した結論は就任を断ることだった。「シーズン開始前のオファーであれば断ることはないだろう」と“テレ・ドゥカート”のインタビューに対してスカラはコメントした。
そこでギラルディは、元バレンシア、インテル、マジョルカのアルゼンチン人監督エクトル・クーペルの招聘に乗り出したようだ。TVパルマのインタビュー取材を受けたギラルディは、肯定も否定もせず、パルマの次の監督は「経験豊富な人物で、今後の長期間に向けた大事な選択になる」と強調するにとどめた。

チェルシーがヘタフェのミカエル・ラウドルップ監督招聘に関心を持っている。イギリス『デイリー・メール』紙が報じたもので、スペイン国内でも大きなニュースとして報じられている。
ラウドルップ監督はヘタフェと2009年6月末までの契約を結んでおり、契約解除金は200万ユーロ(約3億1000万円)と言われている。チェルシーにとっては障害となるような金額ではなく、ヘタフェにとっては大きな移籍金となる。もしチェルシーからのオファーが公式に届けば3者にメリットが生じる格好となり、移籍は大きな問題とならないだろう。
ここ数年、リーガでローテーション制を斬新に取り入れ成功を収めていたベニテス監督(バレンシア→リバプール)、ファンデ・ラモス監督(セビージャ→トッテナム)がイングランドのプレミアリーグ強豪クラブに引き抜かれている。その流れからして、ラウドルップ監督のプレミア移籍も十分あり得ると言えそうだ。

レアル・マドリーがレクレアティボのDFカセレス獲得に興味を示している。『マルカ』紙が報じており、「チェルシーも獲得に動いている」としている。
カセレスの保有権はビジャレアルが所持しており、現在、期限付き移籍の形でレクレアティボに所属している。今季終了後にはビジャレアルに戻る予定だが、契約解除金として設定されている2000万ユーロ(約31億4000万円)を超える額のオファーが届けばビジャレアルは、交渉に応じる構えだ。
金銭面では、豊富な資金力があるチェルシー有利とも言える。しかし、ビジャレアルがヘタフェのMFデ・ラ・レッド獲得を狙っていることから、ヘタフェからの買い戻しオプションを保有しているレアル・マドリーが、デ・ラ・レッドをカセレスの移籍オペレーションに含める場合も考えられ、レアルが獲得レースで優位に立つことになりそうだ。
また、ビジャレアルとしては現在フエンテスが長期離脱中で、センターバックの層が薄い。また、シガンとの契約も今季終了で切れるが、契約延長の動きはない。左サイドバックも今季はカプテビラ1人のみで、本来右サイドバックのハビ・ベンタやアンヘルがカプテビラが欠場した場合の代役を務めているという現状だ。そこで、センターバック、左サイドバックでプレーできるカセレスがチームに戻ることになれば来季の大きな補強となるため、ビジャレアル側が納得するオファーでなければ、ほかのクラブへの放出はないとも言える。今後は、ビジャレアル側の交渉術にも注目が集まりそうだ。

クラブ創立100周年を迎えたインテルのマッシモ・モラッティ会長だが、今夏の移籍史上では“100周年記念の大型補強”を行わない方針を明らかにした。
モラッティ会長は「優秀な若手選手も揃っており、現状で素晴らしいチーム編成だ。彼らが成長してくれることを願っている」と明かした。
またイブラビモビッチの契約延長についてモラッティ会長は「契約延長の準備は整っている」と説明。
最後にミラン移籍が噂されるアドリアーノ(現在サンパウロにレンタル移籍中)について、モラッティ会長は「ミラン移籍の可能性はない。アドリアーノはインテルで復帰しなければならない立場だ」と締めくくった。

マンチェスター・ユナイテッドのMFダレン・フレッチャーは、本拠地オールド・トラフォードのロッカールーム内で頭部を数針縫うケガを負ったようだ。しかもその原因は、倒れてきたトイレのドアに頭をぶつけたからだという。
その様子を、マンU関係者が『デイリー・レコード』紙に語っている。
「試合後のロッカールームはリラックスした雰囲気だった。やるべき仕事を終えた充実感で満ちていたんだ。そんな時、ダレンがトイレを開けようとすると、突然ドアが倒れたんだ。ネジが緩んでいたのかもしれないが、トイレのドアが倒れてくるなんて誰も考えやしないだろう。みんなかなり驚いていた。頭から血が流れていたんだからね。ダレン自身はもかなり驚いていたようだが、大事にならなくてよかった」
過去にはアレックス・ファーガソン監督の蹴ったスパイクがデイビッドベッカムの顔に当たり流血するなど、オールド・トラフォードのロッカールームでは数多くの珍事が巻き起こっている。

名古屋が祝勝会 Fリーグ初代王者

国籍得れば代表可能=川淵会長も歓迎-日本サッカー協会

日本代表入りに意欲 J1得点王ジュニーニョ

日本国籍取得の意思固める J1得点王ジュニーニョ

ジュニーニョが日本国籍取得へ=J1得点王、代表「チャンスあれば」

市川が全治2週間=J1清水

6億1口はネット販売で サッカーくじのビッグ

リバプールのベニテス監督「自信は十分にある」=欧州CL

カーディフがバーンズリーと対戦=FA杯(スポーツナビ)

ベンフィカ、カマーチョの後任にフェルナンド・シャラナ

トーニが14点目、ソッレンティーノは7失点=国外のイタリア人選手

ユベントスのザネッティ、ナポリ戦は欠場か

カールスルーエのエッギマン、ハノーファーへ移籍

大久保をバーレーン戦“見切り招集”へ

ブレーメンのメルテザッカー、2試合の出場停止処分

セルティック、再試合は18日=スコットランド杯

セルティック再試合は18日 アバディーン戦

伊藤は欠場=フランス

デポルティーボMFグズマン仰天発言「レアルからゴールを決めたら1年間アナルセックスしない」

未完の大器グルキュフをマルセイユが狙う

術後のロナウド、ノーコメントで本拠地ミラノに戻る

15シーズン勝ち星なし。首位R・マドリーの前に立ちはだかる“鬼門”リアソール

セスク・ファブレガス「CL決勝でバルサを倒す」

ジェラードがトーレスを絶賛

ジュニーニョが日本国籍取得へ

シャビ・アロンソはインテル戦に出場せず

<J1川崎>ジュニーニョが日本国籍取得希望…家族のためと

国籍得れば代表可能=川淵会長も歓迎-日本サッカー協会

<サッカー>ACLは1次リーグ開幕へ 鹿島、ガ大阪が出場

ジュニーニョが日本国籍取得へ=J1得点王、代表「チャンスあれば」

名古屋、逆転でシャークス下し4強入り…全日本選手権

浦安V 稲田決勝弾でMIP…全日本選手権

市川が全治2週間=J1清水

チェルシーのアネルカ、FA杯敗退の「責任は選手に」

シャビ、交際相手の出産でインテル戦欠場へ

マンU本拠地で流血事件! 原因はトイレのドア?

セルティック、再試合は18日=スコットランド杯

大久保をバーレーン戦“見切り招集”へ

神戸 栗原同点弾で千金ドロー発進

黒星発進の浦和 いきなり不協和音

浦和オジェック監督 開幕黒星でテコ入れ

柱谷ヴェルディ「闘魂」で起死回生ドロー

欧州CL決勝トーナメント インテルミラノ戦に向け調整するジェラード

欧州CL決勝トーナメント 調整する倉内

セリエA初得点のグリゲラ「ネドベドから『おめでとう』と言われた」

<CL直前>闘志を燃やすサネッティ「全員が意気込んでいる」

好調トレゼゲ「目標はCL出場権獲得」

ミラン会長、CL敗因を分析「ロナウドの離脱が…」

伊藤は欠場=フランス

俊輔過密日程に岡ちゃんも困った

06年の雪辱を…G大阪大量点取る!

桑原監督“天敵”討ちへ坂田指名

反町監督、森本招集へ徹底マーク

“鹿島2枚岩”40完封達成誓った

岡田監督、大久保“見切り招集”

マスチェラーノ、ミラノ遠征に帯同

アネルカ、「責められるべきは監督じゃない」

レーマン、ヴェンゲル監督を批判

モラッティ会長、「ピルロ売却はキャリア最大の過ち」
スポンサーサイト
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
08« 2018/09 »10

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。