FC2ブログ

アバウト時刻

プロフィール

フライパン油もビッチ

Author:フライパン油もビッチ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジダンがロナウドの復帰を確信 

2007年度ブンデスリーガ最優秀選手賞に輝いたマリオ・ゴメスが、「現在所属するシュツットガルトよりも大きなクラブに移籍するのはそう遠い未来ではない」と発言、ビッグクラブへの移籍を示唆した。
契約は2012年夏まで残っているが、ミラン、ユヴェントス、フィオレンティーナ、レアル・マドリーにチェルシーと海外の有名クラブがゴメス獲得に名乗りを挙げている。

バイエルン・ミュンヘンのルシオは、スペイン、イタリア、イングランドのいずれかのクラブに移籍したいと話した。

バイエルン・ミュンヘンのヒッツフェルト監督は、指示に従わなかったためにベンチから外していたデミチェリスの謝罪を受け、同選手をチームに復帰させたことを明らかにした。

ゴタゴタが続くバレンシアからいいニュースは聞こえてこない。そして、プロとして最悪の時を送っているエース、スペイン代表ダビ・ビージャが自身の将来について考え始めていると心境を明らかにした。
地元のテレビ番組内でオファーを聞く準備はできている、つまり、移籍を視野に入れていることを仄めかしたビージャ。ビージャにはこれまでもヨーロッパの複数のビッグクラブが関心を示してきたこともあり、彼の将来は来夏の移籍シーズンがカギを握ることになりそうだ。

パレルモ戦(セリエA第28節)で途中交代の際にマンチーニ監督に対して不満をあらわにしたイブラヒモビッチの行動について、同僚のフリオ・クルスが意見を述べている。
クルスは「よくあることだし、今後も起こり得ることだよ。他のチームでもこのような話はあるはずだ。今はインテルで起こる出来事にだけ、マスコミが過剰に反応しているからだ」とコメントし、過熱報道を続けるマスコミに釘をさした。
また、辞任表明から一転、残留を宣言したマンチーニ監督についてクルスあつこは「マンチーニ(監督)は過ちを犯したが、彼自身がそのことを誰よりも早く認めて謝罪した。その行動自体が最も重要だったのであり、続投になんら問題はない」と説明した。

ペレが「ロナウドが以前の姿を取り戻すことは不可能だろう」と発言したことを受けて、ロナウド本人がペレの見解に反論した。
ロナウドは「彼の発言を幸せに思うよ。ペレの予想は、はずれるというのが定説だ。彼の発言に反することばかり起こっているから…」と喜びのコメントをした。

ロナウドのグラウンド復帰を信じている1人のスターがいる。現在バカンスでブラジルを訪れていたジダンである。サンパウロの『フォーリャ』紙のインタビューを受けたジダンは次のように語った。
「ロナウドは2002年にも非常に難しいことを成し遂げる力があると証明した。だからこそ“怪物”と呼ばれている」
数日前にはペレの発言がブラジルの世論に衝撃を与えたばかりだった。この点についてジダンは次のように付け加えた。
「ペレは現実主義者だ。僕は心で話している」

EURO2008共同開催国を待ち受ける試練

セリエAファンが選ぶ夢のイレブンは?司令塔はカカとネドベドに

<Jリーグ>ナビスコカップ、20日から予選リーグ

大宮・藤本、全治4週間=J1

トッティ、「選ぶならスクデットより欧州制覇」

韓国、W杯予選の北朝鮮戦にプレミアリーグから3選手招集

ボルトン、GKヤースケライネンが戦線離脱

サッカー=バイエルンの監督、デミチェリスの謝罪を受け入れ

負傷離脱中のロシツキ「何も出来なくてイライラする」

連敗中のニューカッスル、オーウェンのゴールでドロー

ニューカッスル、また勝てず=イングランド

セルティック戦の会場変更=スコットランド

水野が公式戦初出場=スコットランド

文武両道デ・シルベストリにできること

エンゲルス体制始動 浦和“対話”で再建だ

玉田“バーレーンキラー”では終わらん

ミラン副会長も絶賛「セードルフが入ると質が変わる」

好調フィオレンティーナ。会長は現実路線

負傷交代のセードルフ「CL圏内?可能だ」

UEFA杯を抱えるセビリアの選手ら

ポルトガル1部リーグ スポルティングが快勝

水野“5度目の正直”2軍戦でセルティック・デビュー

浦和、エンゲルス体制始動…「オジェック色」一掃

Mr.オーウェンのゴールでニューカッスル勝ち点1

ムトゥ、ルーマニア代表に追加招集

玉田“バーレーン専用男”じゃない

高原“このモヤモヤ晴らさなきゃ”

中沢“W杯へ結果を出そうぜ”

ドタバタ今野 あわやのドキドキ

故障の家長を五輪へ!協会アシスト

稲本頼むぞ!“バーレーンつぶし”

ボルトンGKヤースケライネン、ケガでシーズン終了

ドバイ合宿がスタート 日本代表

大宮・藤本、全治4週間=J1

J1大宮・藤本は全治4週間 左ひざをけが

セルティック戦会場を変更 ピッチ状態悪く

オリベイラ監督が指揮 日韓オールスター戦

過去最多の入場者数 J1のホーム開幕試合

スペイン代表、ラウルとアルベルダの招集は見送りか

レバンテのディ・ビアージ監督に複数のクラブが注目

鹿島、G大阪第2戦へ ACL

セルティック戦の会場変更=スコットランド

ニューカッスル、また勝てず=イングランド

水野が公式戦初出場=スコットランド

玉田“バーレーンキラー”では終わらん

エンゲルス体制始動 浦和“対話”で再建だ

イタリア代表、スペイン戦のメンバーは土曜夜に発表

フィオレンティーナのムトゥ「ミランとの差はわずか」

ミランのカラッチがピンチ、右ひざを痛める

クディチーニがチームを救う、ロッシはゴール=国外のイタリア人選手

高地での予選を了承 チリ・サッカー連盟

ウェストハムがジャンルカ・ナーニのTD就任を発表

ナポリのサラジェタ、手術に成功

事前合宿地のドバイに到着 サッカー日本代表

水野がリザーブ戦出場 チームは快勝

杉山茂樹が書く、布陣の教科書。タイトルはずばり「4-2-3-1」。

ポール・マッカートニー、離婚訴訟で47億円の分与命令

中国外務省の秦剛副報道局長は、ダライ・ラマ14世がラサ事件の国際調査を求めたことについて、「調査を受け、裁かれなければならないのはダライ本人だ」と反論し、調査受け入れは論外との立場を示した。

ダライ・ラマ14世は、このたびの騒乱を扇動した、とする中国当局による非難を否定している。

AFP通信によると、フランスのクシュネル外相は、中国チベット自治区での暴動が続いた場合、欧州連合(EU)が外相理事会で、北京五輪開会式の不参加を検討する可能性も捨て切れないと語った。
同外相は「仏政府の立場とは一致しない」としながらも、「五輪そのものをボイコットするよりはましかもしれない」と述べた。

チベット自治区で起きた大規模な騒乱で、中国政府の対応に国際的な非難が高まっている。
騒乱の現場からはジャーナリストが締め出されており詳細は不明だが、衛星写真から500人以上が死亡したという情報や、ラサの市民が中国治安当局に拉致されたというなど様々な情報、憶測が飛んでいる。

韓国当局は、18日午前の外為市場で、ウォン相場を支えるため、約10億ドル規模のウォン買い介入を行ったとみられている。

竹入義勝氏「党の資金で妻に指輪買った」訴訟、公明党が敗訴
スポンサーサイト
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10« 2018/11 »12

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。