FC2ブログ

アバウト時刻

プロフィール

フライパン油もビッチ

Author:フライパン油もビッチ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヤックスのテン・カーテ監督、チェルシーとの接触を否定せず 

『サン』紙の報道によれば、アブラモビッチはテン・カーテの監督就任を来週に発表するらしい。
両者の間では年俸約300万ユーロ(約5億円)での3年契約がすでに合意に達しており、現在チェルシーを率いているエイブラム・グラントもこのことに同意しているようだ、と『サン紙』は報じている。
テン・カーテはスペクタクルなサッカーを目指しており、これがアブラモビッチの好みに合っているため、チェルシーの首脳陣は彼の招へいを決めたようだ。
オランダでの報道によれば、彼は何人かの友人に対してプレミアリーグのクラブで仕事をしてみたいと話していたようだ。

テン・カーテ監督は「昨季果たせなかったオランダリーグ優勝を、今季は成し遂げたい」と、今後もアヤックスに残ることを前提に話をしていた。しかし、「サッカーの世界では何でも起こり得る」と、いろいろな可能性について含みを残した。
アヤックスはUEFAカップでディナモ・ザグレブに敗れ、1回戦で敗退。2年連続でチャンピオンズリーグ予備戦で敗れていたこともあって、テン・カーテ監督は批判にさらされている。

UEFAカップ1回戦でアヤックス、ヘーレンフェーン、トゥエンテ、フローニンゲンが一気に姿を消し、オランダ勢で残るはAZただ1チームとなった。
ヘーレンフェーンはアウエーでヘルシンボリに1-5というスキャンダラスな敗戦で、フェルベーク監督の責任問題にまで発展しそうだ。
オランダリーグで現在11位と不調のAZは、チャンスを作っても相変わらずゴールを決められない。それでも0-0でパッソス・デ・フェレイラと引き分け、2試合合計1-0で勝ち残った。これでAZはUEFA主催ゲーム31戦負けなしと、イプスウィッチの持つ欧州記録に並んだ。

スペイン代表のルイス・アラゴネス監督は、13日にアウエーで行われる欧州選手権2008予選のデンマーク戦と17日に行われるフィンランドとの親善試合に向けた招集メンバー20名を発表した。
メンバーにはバルセロナのプジョルが復帰。
昨シーズンからバレンシアで安定した活躍を見せていたアルビオルにはこれまで何度も代表入りのうわさがあったが、ようやく実現。
一方、復帰がうわさされたラウルは落選。

セルティックは水曜夜の試合でグラウンドに侵入しGKジーダの顔面を“殴った”サポーターに対して、永久にスタジアムへの出入りを禁止することを決定した。
チャンピオンズリーグのミラン戦でセルティックが2点目を決めた後にグラウンドに飛び込み、ミランのGKジーダの前を通り過ぎる際に手を出して顔を触った。
イングランド『デイリー・ミラー』紙の報道によれば、グラスゴー在住の27歳の男は木曜日の朝にストラスクライド駅の警察署に自ら出頭したとのことだ。

UEFAカップは、各地で1回戦の第2戦が行われ、バーゼルはサラエボに6-0で圧勝し、2戦合計8-1でグループリーグに進んだ。中田は左DFでフル出場した。
ザルツブルクはホームでAEKアテネを1-0で下したが、2戦合計1-3で敗退した。宮本、三都主はベンチ入りしたが、出番はなかった。
そのほか、優勝候補のバイエルン・ミュンヘン、ハンブルガーSV、トットナム、ビリャレアルなどが勝ち上がったが、アヤックス、ブラックバーンは敗退した。
グループリーグは、40チームを5チームずつ8組に分けて行われ、組分け抽選は9日に実施される。 

グルノーブルは、アウエーでリブルヌサンスーランと対戦し、2-1で勝った。伊藤は後半43分から今季初出場したが、目立った活躍はできなかった。

週明けから練習参加 フランクフルトの高原

日本サッカー協会は、アジア・チャンピオンズリーグで4強入りしている浦和が決勝に進んだ場合、11月4日に予定されている天皇杯全日本選手権4回戦の浦和の試合を11月28日に変更すると発表した。会場はさいたま市浦和駒場スタジアムで変わらないが、試合開始は午後1時から午後7時になる。 

オシム監督が激戦中浦和に特例援護

浦和勢の招集見送りも ACLでオシム監督配慮

日本サッカー協会は、U22で争う男子の北京五輪アジア最終予選C組第4戦、カタール戦(17日、ドーハ)に臨む日本代表21選手を発表し、左ひざの負傷が癒えたGK西川が最終予選に初招集され、MF枝村も復帰した。
GK 山本海人(清水)西川周作(大分)林彰洋(流通経大)

2010年W杯南アフリカ大会のアジア予選が8日開幕する。アジア連盟加盟の46カ国・地域のうち41チームが参加。出場枠は「4.5」で、オセアニア代表と最後の枠を争う大陸間プレーオフは09年11月に開催される。
日本はオーストラリア、韓国、サウジアラビア、イランとともにシードされ、08年2月からの3次予選から登場する。
予選はすべてホームアンドアウェー方式。1次予選はシード5カ国などを除く、34チームが1対1で8日から28日まで行う。7月のアジア・カップ優勝のイラクもパキスタンと対戦する。1次予選の勝者に不戦勝のインドネシアとクウェートを加えた19チームのうち、AFCの定めたランキング上位11チームは直接3次予選に進出。下位8チームが11月に1対1の2次予選を戦う。
3次予選は20チームが4チームずつ5組に分かれ、来年2月から9月まで。各組2位までの計10チームが最終予選に進む。5チームずつ2組に分かれた最終予選は来年10月から09年9月までで、各組2位までの4チームが本戦出場権を獲得。3位同士の勝者がオセアニアとのプレーオフに回る。

売り上げ300億円突破=toto


4日にアムステルダムで行われたサッカーのUEFAカップ1回戦第2戦、アヤックス―ディナモ・ザグレブ戦前に暴動が起き、警官2人が負傷、38人が逮捕された。ウィーンでもラピッド・ウィーとアンデルレヒトのサポーターが衝突し、少なくとも13人が逮捕された。

UEFAカップ1回戦の第2戦が行われた4日は、イタリアにとって暗黒の木曜日となった。

数少ない救いはフィオレンティーナの突破とトーニの活躍のみ。
ルカ・トーニはバイエルン・ミュンヘンをUEFAカップ1回戦突破に導く活躍。ベレネンセスとの第1戦で決勝ゴールを記録したのに続いて、第2戦のアウエーゲームでも均衡を破る先制点を奪った。2試合合計3-0でグループステージへと駒を進めた。
そのほかのドイツ勢も好調。ニュルンベルクはアウエーでのラピド・ブカレスト戦に2-2で引き分けて1回戦を突破し、ラピドのイタリア人監督ベルゴーディを辞任へ追い込んだ。ハンブルガーSVはホームでリテックス・ロベチに3-1の快勝。アウエーでウニオン・レイリアと対戦したバイヤー・レバークーゼンは2-3で敗れながらもグループステージへ進んだ。
イングランドはブラックバーンがギリシャのラリッサに敗れたものの、ボルトン(リーボック・スタジアムでラボトニツキに1-0)、トッテナム(アノルトシスと1-1)、エバートン(メタリストに3-2で勝利)が1回戦を突破。
スペインからはジュゼッペ・ロッシを擁するビジャレアルとヘタフェがグループステージに進んだ。レアル・サラゴサはホームのロマレダでアリスに2-1の勝利を収めたが、まさかの1回戦敗退。フランスはランスを失い、アヤックスもディナモ・ザグレブによって敗退に追い込まれた。
国外でもイタリア人は低調。ジョバンニ・トラパットーニの監督の座は本格的に危うくなってきた。シーズン序盤から苦戦が続いているザルツブルクはAEKアテネを1-0で破ったが、トータルスコアで敗れた。

イタリア勢は4チームのうち3チームが姿を消した。唯一残ったのはチェーザレ・プランデッリ率いるフィオレンティーナ。最後まで苦戦を強いられたものの、PK戦の末に何とかオランダのフローニンゲンを振り切った。フィレンツェのアルテミオ・フランキで行われた長い試合は120分間が1-1、PK戦が4-3という最終スコアで、フィオレンティーナの勝利に終わった。

そのほかのイタリア勢では、エンポリが敗退。チューリヒとのアウエーゲームに0-3で完敗を喫し、カーニのチームは欧州での夢を絶たれた。。第1戦に2-1で先勝していたエンポリだが、スイスの地での完敗でヨーロッパから姿を消した。
デンマークへ遠征したサンプドリアも残念な結果に終わった。敗れこそしなかったものの、0-0で引き分けた。2試合合計2-2となったが、アウエーゴールの差でUEFAカップ敗退。
終盤はサンプドリアがフィジカル面で苦戦を強いられ、4分間のロスタイムを経て0-0でタイムアップ。試合には負けなかったが、それ以上に痛い1回戦敗退となった。
パレルモもホームでムラダ・ボレスラフとのPK戦に敗れ、ヨーロッパに別れを告げた。ステファノ・コラントゥオーノのチームにとっても悪夢のような夜となってしまった。アウエーでの第1戦に1-0(終了間際にボシュコ・ヤンコビッチがゴール)で勝利を収めていたパレルモは、ホームのバルベーラにムラダを迎える第2戦を引き分けで乗り切るだけでいい状況だった。ムラダーの応援団は50人程度だった。
しかしパレルモはスタートからつまずき、ウォームアップ中にファブリツィオ・ミッコリを負傷で失ってしまう。94分にフリーになったセドラーチェクが先制ゴール。試合を延長戦へと持ち込んだ。延長戦ではゴールは生まれずPK戦へ。結局4-2でPK戦を制したムラダーがグループステージ進出を果たした。

ポルトガル代表のスコラーリ監督への処分が軽減

欧州CL1次リーグ第2節 D組 セルティック 2―1 ACミラン(グラスゴー) 
まさかの2失点目を喫し、ミラン・イレブンががっくりと肩を落としたゴール前へ、突然、ゴール裏観客席から1人の男が乱入。GKジダの首もとに手を伸ばし、わずかに触ったかに見えた。数歩、追いかけたジダは突然ゴール前へ倒れ、担架で運ばれた。敗戦のショックの中、アンチェロッティ監督は「サポーターがピッチに入ってはならないが、ジダが多分、大げさすぎたかもしれない。UEFAへ訴えての勝利? 全く考えたくもない」と話した。
カラーゼとマルディーニが負傷欠場したDF陣はマークが甘すぎた。国内リーグも1勝4分け1敗で11位。 MFカカ が戦術への不満をもらすなど、危機的状況で、指揮官の表情も硬かった。

セルティックのクイン会長「ジーダに調査を」

フランス代表のドメネク監督、トレゼゲを招集せず

マンチェスター・ユナイテッドのキャリックが6週間の離脱

ロサンゼルス・ギャラクシーのベッカムが練習を再開=MLS

森本がテストマッチでハットトリック

インテルのマテラッツィがミニゲームに出場

スコラリ監督への処分を部分緩和=UEFA

我那覇が肉離れ=J1・川崎

我那覇が全治4-6週間 川崎

早大・山本が来季加入=J1・磐田

水沼、金井が来季加入=J1・横浜M

バレンシアのキケ監督「勝って前半を終えられなかったのが鍵」

ドログバの個の力に敗れたバレンシア

水沼、金井が加入 J1横浜Mが発表

横浜Mの大物ルーキー加入が正式に決まった。同クラブユースでU―18日本代表候補MF水沼宏太が、来季のトップ昇格に向けクラブ側と仮契約を結んだ。トップチームコーチの父・スヌーピー貴史も同席し、かつてプレーした古巣と息子が契約を交わす瞬間を見届けた。

エジプト戦は国内組で=オシム監督

松橋優が全治3週間=J1大分

ミランがグラスゴーで敗戦 ジーダは90分に謎の行動

欧州CL 1次リーグ
俊輔セルティック ミランに歴史的大金星
ミラン・ジダにサポーターが暴行
ドログバ様チェルシー救命弾
リバプールが負けた
レアルは…

ルーニー虎の子ゴール

マルセイユがリバプールを撃破 フランス勢では史上初の快挙=欧州CL

ラツィオがレアル・マドリーを止める=欧州CL

チェルシーがバレンシアで逆転勝利=欧州CL

ブレーメンがオリンピアコスに敗れる=欧州CL

ポルトのクアレスマがベシクタシュを沈める=欧州CL

シャルケ04がノルウェーで勝利=欧州CL

べシクタシュ、グループリーグ突破は厳しい状況に=欧州CL

シャフタルがリスボンで勝利=欧州CL

マルセイユがアンフィールドで勝利=欧州CL

バルセロナのプジョルがまた負傷

バイエルン、カーンに続いてクローゼも離脱

ローマのアクイラーニ、約2カ月の戦線離脱

マンチェスター・Uのハーグリーブスはさらに1カ月の離脱

リヨンがまたも3失点で敗れる グループリーグ突破に黄信号=欧州CL

セパハンが先勝=アジアCLサッカー

セルティック、王者ミラン破る=中村、途中出場で決勝点の起点-サッカー欧州CL(時事通信)

中村が決勝点に絡む セルティックは金星

浦和、アウェーで引き分け=アジアCL準決勝第1戦

浦和は引き分け ACL準決勝第1戦

バレンシアのモリエンテスが“汚い”テリーを非難

“クレイジー”なミスでインテルに敗れたPSV=欧州CL

アヤックスがマドゥロと契約延長へ

梅田に2試合出場停止 大分のMF

ほお骨骨折のテリーがバレンシア戦出場へ=欧州CL

バレンシアのビジャ「ほお骨骨折後にプレーできるのはテリーくらい」=欧州CL

バレンシアのキケ監督「このチェルシー戦は昨年と全く異なる」=欧州CL

バルセロナがアウエーのシュツットガルトで勝利=欧州CL

マンチェスター・ユナイテッドが不運なローマを退ける=欧州CL

ローマのマンシーニ「主審は2つのミスを犯した」=欧州CL

アーセナルがブカレストで1点差勝利=欧州CL

ACL準決勝 浦和貴重なアウェー得点

オシム監督 浦和勢外して代表招集

犬飼専務理事 浦和に愛のムチ

井口「カズオ君をズッコケさせる」

地区シリーズ 稼頭央 逆転満塁弾

時津風部屋力士がカメラマンに乱暴

怒りのホコ先は秘密主義の北の湖理事長へ

PRIDE消滅!
日本人社員への非情通告
再開する気なかったオーナー
吉田は…

強気な「フライデー」が初の発売中止の裏 奈良地検…

吉野家CM 松井は本当に牛丼食べてる?

紅白出場に必死な関西演歌歌手

ミス・インターナショナルはドS

沖縄で大人になったErina

ゴクミのシルク髪

キムタク長女のボディーガードの費用は月50万円以上

花田勝、離婚の真相
あまりにおぞましいダブル不倫の相手
花田勝に離婚を決意させた女の正体
美恵子さんが慰謝料として手に入れた財産は?
花田勝の背に彫られた龍の刺青
バーニングプロダクション傘下の事務所に籍を置く花田勝の個人破産と、共同経営者でもある暴力団幹部との交友
借金苦で横綱昇進時の化粧回しまで暴力団組長に売っていた 

若宮清は小池百合子の情夫
「76年のカイロ大学留学時代、小池とヤッた」と豪語

自民党の広報局長に就任した野田聖子、郷ひろみと夜遊び

蓮池透、公明党関係者と接触

時津風部屋、人殺し力士の正体
時津風部屋の所属力士は現在、15人。そのうち8名が関与している。
「僕も殺される寸前だった」 脱走力士=双太山が衝撃告白

米国でハグ禁止令

アフガニスタン支援「政権取れば部隊参加」 民主党の小沢代表

第二次角福戦争再び火ブタ

北朝鮮の金正日総書記、自身の健康悪化説を否定

フランス高級ブランドのエルメス、旅行事業に参入へ
 
ペニス無事保護!チン切り脅迫妻と離婚成立

オタク娘に流行〝コスプレ用〟豊胸手術

「納得する」ことは人間の大脳でしかできない
スポンサーサイト
カカが最優秀選手 国際プロサッカー選手協会 | HOME | サンダーランド、ベッカム獲得申し出

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10« 2018/11 »12

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。