FC2ブログ

アバウト時刻

プロフィール

フライパン油もビッチ

Author:フライパン油もビッチ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロナウジーニョにチェルシー行きのうわさ 

プレミアリーグ第7節  マンチェスターU 2―0 チェルシー
チェルシーは、アブラム・グラント新監督下の初戦で、マンチェスターUに0―2で完敗し、6位に後退した。前半32分に相手選手へのファウルでMFミケルが一発退場となり、チェルシーはこの判定についてイングランド協会へ異議申し立てすることを発表。マンUは2位に浮上した。

チェルシーのアブラモビッチ・オーナーがスタンドのVIP席に現れると、アウェーのチェルシー応援席から大ブーイング!!立ち上がりからマンUに攻め立てられ、開始1分で2連続CKを許すと、「ジョゼ・モウリーニョ!モウリーニョ!」の大合唱だ。

グラントはチャンピオンズリーグの試合でベンチ入りするためのライセンスを保有していない。
しかしグラントは元イタリア代表監督のマルチェッロ・リッピが、クリスマスからチェルシーのベンチに座ることを快くは思っておらず、『ピープル』紙の取材に対して自らの意見を主張した。
「規定上の問題はない。ただ、イスラエル出身であることを理由に欧州サッカー連盟が書類手続きの便宜を図ってくれないことは確かだ」

グラントはクリスマスまでのつなぎ役となり、その後はリッピにチームの指揮が任せられる見通し。

アーセナルはダービー・カウンティから5点を奪って快勝。FWロランド・ビアンキはフルハムとマンチェスター・シティが3-3で引き分けた試合で最後の10分間のみ出場を果たしたが、エリクソン監督からの信頼を取り戻すことはできていないようだ。これまで活躍が続いていたマッシモ・ドナーティも低調。セルティックはエジンバラでハイバーニアンに2-3の敗戦を喫し、ドナーティはイエローカードも受けてしまった。
スペインの地ではジュゼッペ・ロッシがこの日最大の殊勲者となった。

インテルはアウエーのリボルノ戦で精彩を欠き、2度のビハインドから追いついて2-2のドロー。イブラヒモビッチに救われる形となった。

バイエルン・ミュンヘンが4-1の勝利を収めた試合で先制点を記録し、これで5試合で4ゴール目。絶妙なループシュートでGKミラーを破った。
一方、ファビオ・グロッソは苦戦が続いている。先週のチャンピオンズリーグで敗れたリヨンは、国内リーグでもホームでリールと引き分け。批判の対象となっているグロッソは、この試合でも平凡な出来に終わった。フラビオ・ローマは自らの責任ではなかったがオデルにヘディングシュートを決められ、モナコはバランシエンヌに敗れた。エールディビジではグラツィアーノ・ペッレがようやくフル出場。ファン・ハールはアヤックスとの大一番でペッレをスタメンに起用したが、ペッレは目立った活躍ができず、AZアルクマールは3-2で敗れてしまった。ベルギーリーグではミッリがキャプテンを務めるモンスがアウエーで快勝。デンダーから3ゴールを奪った。

スパルタクとのモスクワダービーでロシアリーグ得点ランキング首位のパブリュチェンコに3ゴールを許してしまったが、ロコモティフは終了間際の決勝ゴールで4-3の勝利を収めた。クリスティアーノ・ルカレッリも低調で、ハーフタイムにブランドンと交代。ルチェスク率いるシャフタルはその時点でドニプロ・ドニプロペトロフスクに1-0のリードを許していたが、逆転で4-1の大勝を飾り、首位の座を守った。

リーガ・エスパニョーラ第4節  バリャドリード 1―1 レアル・マドリード 
2連覇を狙うレアル・マドリードは途中出場のアルゼンチン代表FWサビオラが2試合連続ゴールを決め、バリャドリードと1―1で引き分け、勝ち点10で首位をキープした。バレンシアは、スペイン代表MFホアキンの決勝ゴールでベティスを2―1で下し、3位に浮上した。

リーガ・エスパニョーラ第4節の試合で、バルセロナはセビージャに2-1の勝利を収めた。シーズン序盤戦の出来が思わしくなく、立場が危うくなっていたライカールト監督もこれで安心を取り戻すことができた。
勝利の立役者はメッシ。セビージャは今季のリーガで2試合続けて4-1の勝利(オサスナ戦は延期)を記録していたが、メッシはそのセビージャを後半にほぼ一人で屈服させた。負傷のため欠場したロナウジーニョに代わってチームを背負ったメッシは74分に先制ゴール。

ロナウジーニョは24日もピッチに姿を見せず、室内で右足ふくらはぎの筋肉を痛めた怪我のリハビリを行ったもよう。26日のサラゴサ戦での欠場はほぼ決定し、週末に行われる第6節のレバンテ戦の出場も疑問視されている。

イギリスの『ザ・サン』紙が報じたもの。現在、バルセロナでの不調や夜遊び疑惑から多くの批判が集まっているロナウジーニョ。兄で代理人を務めるアシス氏が、この状況にしびれを切らし、既にチェルシーとのコンタクトを取り始めたとしている。

昨年自ら移籍志願し、生え抜き選手として育ててもらったベティスを離れたホアキン。

試合前日の会見で、「ゴールを決めれば、これまでで一番つらいゴールになるだろう。ベティスは自分にすべてを与えたクラブだから」と語っていたホアキン。

アウエーで2-1と勝利を収め、3連勝を飾ったバレンシア。ホアキンはゴールを喜ぶことなく両手を合わせ、スタンドに謝罪のポーズを見せた。

1964年11月3日に初めての試合が行われたジェノバダービーは今回が94回目で、リーグ戦では67回目。通算成績はサンプドリアが33勝、ジェノアが22勝を記録しており、引き分けは今回を含めて42回となった。

バロンドール(欧州最優秀選手賞)を主催する『フランス・フットボール』誌がウェブサイト上で行った発表によれば、これまでのようにヨーロッパでプレーする選手に限らず、今年は全世界の中で最高の選手に賞が贈られるとのことだ。

「負けてはいない」とミランのDFマッシモ・オッドはパルマとの試合に引き分けたあとコメントしていた。

サンシーロでの試合はリーグ戦で3試合連続となる1-1のドロー。

リーグ戦で3試合連続の引き分け、しかもすべて1-1というのはなかなか珍しく、ミランにとっては23年ぶりのことだ。

1984年1月22日
ベローナ-ミラン 1-1

1984年1月29日
ミラン-ローマ 1-1

1984年2月12日
カターニア-ミラン 1-1

左ひざ痛の中村は欠場 リーグカップ3回戦

川崎はセパハン戦 26日にACL準々決第2戦

バロンドール、世界中を対象に=サッカー最優秀選手賞

ジーグラー広報部長が退任 FIFA

新名称は「ニッパツ球技場」=日本発条が三ツ沢球技場の命名権取得

李天秀がフェイエ合流 韓国代表FW

バロンドールが世界規模に拡大 欧州以外からも選出

ユベントスのアンドラーデ、膝蓋骨を完全骨折

インテルのマイコンに衝撃、3試合の出場停止処分

レアル・マドリーのカシージャスが両手に保険

ローマ、カッセッティの復帰は1カ月後

サンプドリア、モンテッラのインテル戦出場は微妙

ロナウド、マテラッツィらけが人が続出 過密日程の弊害か

ブレーメン、ダービーマッチに懸かる期待

インテル対ナポリ戦は10月6日の土曜日に開催

ラツィオ、シビッリャが左手を手術

浦和イレブン8時間移動に疲労困憊

大久保がFWでの得点量産を宣言!

湘南、浦安が逆転勝利=Fリーグ開幕戦2日目

ロナウジーニョ、サラゴサ戦への出場は微妙

バレンシアのホアキン、人生で一番つらいゴール

ホンダロックが勝つ 天皇杯サッカー第5日

福井・丸岡高の梅井の加入が内定 J1横浜Mが発表

近藤と大河原がねんざ J1柏が発表

丸岡高・梅井が新加入へ=J1・横浜M

PSVがフェイエノールトを下し3連勝 首位はアヤックス

近大和歌山高は敗退=天皇杯サッカー

柏の近藤が全治6週間=Jリーグ

アーセナルが大勝 ローマとユーベは引き分け

ユベントスのラニエリ監督「最高に素晴らしい結果」

ローマのスパレッティ監督「勝てた試合だった」

レアルはバジャドリーと引き分け アトレティコが初勝利

ユベントスのトレゼゲがセリエA通算100ゴール

セリエA100ゴールのトレゼゲ 100得点は現役選手で8人

ローマとインテル、どちらもブレーキ

インテルのマンチーニ監督「混乱に陥ってしまった」

バイエルン快勝で首位の座守る

ジーコ率いるフェネルバフチェはまたも引き分け リーグで不調は続く

シュツットガルトがフェー監督との契約を延長

エネルギー・コットブスがザンダー監督を解雇

ジェノバダービーは0-0のドロー

G大阪、不可解判定で痛恨のドロー

中村はベンチ外れる 三都主は途中交代

三都主は途中交代 チームは引き分け

三都主は途中交代、宮本は出番なし=オーストリア

チェルシー、新監督初戦飾れず=レアル、ローマは連勝ストップ

中田はフル出場 スイス1部リーグ

大黒は控えで出番なし 森本はベンチ外

故障の中村はベンチ外 セルティックはL初黒星

故障の中村はベンチ外 スコットランドPリーグ

大黒はベンチスタート イタリア1部リーグ

新潟、ユース2選手が来季加入=J1

G大阪、引き分け=浦和との差開く、清水は後退-J1

柏が快勝=Jリーグ・柏-川崎

柏が後半に4得点 柏4-0川崎

仙台、草津と分ける=J2

G大阪、終盤に同点=Jリーグ・磐田-G大阪

Fリーグが開幕=初代王者懸け8チーム-フットサル

大学勢4校が3回戦へ=天皇杯サッカー

仙台は引き分ける J2第41節最終日

バレーが同点ゴール 磐田1-1G大阪

G大阪は引き分け J1第26節最終日

鹿屋体大など大学勢が健闘 天皇杯サッカー第4日

FC東京2-0清水

F東京が4連勝=Jリーグ・F東京-清水

明暗分かれたブレーメン対シュツットガルト

メッシの活躍でバルセロナが再浮上

ブレーメンがジエゴとの契約を2011年まで延長

ミランのアンチェロッティ監督「チャンスを逃した」

ミランのオッド「おっとどっこい負けてはいない」

オーストリアサポーターが自国のユーロ出場辞退を希望

ミランがパルマと1-1 3試合連続ドロー

ヘルタ・ベルリンが暫定首位に浮上

ウディネーゼのディ・ナターレ「今は最高の時」

ウディネーゼがディ・ナターレの活躍でレッジーナに勝利

インテルのネルソン・リバスが体調不良

エネルギー・コットブスのザンダー監督解任か?

カターニアがシステム変更 イスコとテデスコが先発争う

松井、今季初めて出番なし=フランス

ロナウジーニョ、右足痛める

アーセナル、大勝で首位キープ=バルサはメッシの2発で勝つ

神戸 連敗大脱出…大久保2ゴール

浦和堅首!!永井が千金ゴール

松井は出場せず ルマンはアウエーで勝利

オジェックにくすぶる不満

親会社から派遣される社長でJは大混乱

欧州の主役:イウシーニョ

横浜MユースのU―18日本代表候補でU―17W杯でも活躍したMF水沼宏太のトップ昇格が内定したことが分かった。ユースからプロ契約するのは水沼スヌーピーJr.と同候補MF金井貢史の2選手のみ。

親子Jリーガーとしては横浜MのFWハーフナー・マイクと名古屋、磐田などのGKだったディド氏のハーフナー親子についで2組目。

岡田監督の不吉予言が的中!

田中マー君所属事務所決定の裏事情

レスリング世界選手権 京子 誤審負けは旧共産圏の陰謀か

ボノvs天龍は有刺鉄線マッチ!?

太蔵 一匹狼宣言

馬への投資「もうやめます」 フサイチで有名な関口会長、日本競馬からの撤退を示唆

マルセル・マルソー死去

ブリトニーは麻薬死寸前だった!

梨花 自民党総裁選に投票するつもりだった!?

欽ドン復活

危ないウワサ:喜多嶋舞の東大卒夫

井森美幸が股下10センチのミニスカートでデビュー曲など3曲を熱唱 千葉・船橋市

若槻千夏「mixi始めました。捜さないで、ほっといて」と150万アクセスの公式ブログで報告

意外な関係:小倉優子とスザンヌ

しょこたん(中川翔子)が、「セックス」と打ち込みグーグル検索していた画像は18日付のブログにアップされた。

宇多田ヒカル、“顔チェキ”に自分の顔写真送り、ほしのあきという結果に『ええええええええ?!』

iPod touch、商品到着と同時にWindowsユーザーから不具合報告多数
スポンサーサイト
エリクソンがチェルシー監督就任のうわさを否定 | HOME | モウリーニョ監督 ポルトガル代表監督就任を否定

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10« 2018/11 »12

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。