FC2ブログ

アバウト時刻

プロフィール

フライパン油もビッチ

Author:フライパン油もビッチ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンゲル監督、判定に不満爆発 

アーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、アーセナルがある種の“特別扱い”を受けていると持論を展開した。
「過去3年のデータを振り返ると、アーセナルがファウルを犯した数が一番少ないクラブでありながら、一番厳しく罰せられているというデータがある。こういう問題が現実としてあるのに、誰もそれを取り上げようとしない。他のクラブは9回のファウルで1枚のイエローカードを受けているのに、アーセナルは4回に1枚の割合だ」
しかしながら、厳しい口調で語ったベンゲルの発言には誤りがあるようだ。
英『デイリー・メール』紙の調査では、過去3シーズンでアーセナルがイエローカードを受けた割合は、ファウル7.95回に1枚。同じロンドンに本拠地を置くチェルシーは、7.51回に1枚と、アーセナルよりも多いデータが出ている。

シーズン開幕から好調を続け、現在リーグ首位に立つアーセナル。しかし、他チームの厳しいプレーで負傷者が続出している状況に、ベンゲル監督は誤ったデータを持ち出して不満を爆発させてしまったようだ。

“皇帝”アドリアーノ、母国でも権威失墜 
記者を恫喝、練習も途中で引き上げ
この事態を受けてクラブ側は「アドリアーノがいなくてもチームに問題はない。サンパウロに不満を感じているのであれば、退団してもらっても構わない」とコメント。

契約延長済みのカカ「生涯ミランで迷いはない」

バルセロナのアンリがA・マドリーでベンチスタートか

強気のカンナバーロ「ローマが我々を下す可能性は低い」

レアル、ピンチ!ファン・ニステルローイCLローマ戦欠場が濃厚

レアルのペペ、ロビーニョがレクレアティボ戦のメンバー入り

カリアリ内部告白で不正が露呈

インテルの新星バロテッリ「怖いものは何もない」

LAギャラクシー、FCソウルにPK戦負け

R・マドリーのラモス「チームはまとまっている」

ユヴェントス幹部、フラミニ接触の噂を否定

マンCのリチャーズ、膝の手術は成功

テリー、チェルシー残留を宣言

テイラー、エドゥアルドの早期回復を願う

DFヘルヴェグ、デンマーク代表引退

ヘタフェ、スペイン国王杯決勝進出に王手

ユーべがビジャレアルのマルコス・セナに興味

“プレイボーイFW”ボリエッロが止まらない

メッシ、“クン”アグエロに勝利宣言「0-1で僕らが勝つよ」

ユーロ2008まであと100日:「フランスは苦戦」将軍プラティニが予想

ファーガソン監督、“対リヨン謀略説”を否定

広島がPK勝ち 鹿島2-2広島

箕輪は鼠径部痛症候群 川崎のDF

警告続出、審判の笛で波紋=ゼロックス杯

PK戦にまでもつれたゼロックス・スーパーカップで、試合中に2人、試合終了後に1人が退場を命じられ、両チームで計9人が警告を受けた。
PK戦でもやり直しがあるなど、審判の笛が勝負の行方を大きく左右した。
敗れた鹿島の鈴木満強化部長は判定に不服を唱え、Jリーグに意見書とビデオを提出する意向を示した。
鬼武健二チェアマンは「審判は反省しているはず。リーグ開幕までに準備をやり直してほしい。(こういう試合でJ2が優勝したのは、いいことではない)」と話した。 

鹿島が抗議文提出へ PK判定めぐり

J2広島が初優勝=PK戦で王者鹿島破る-ゼロックス杯

J2降格の広島が初優勝 ゼロックス・スーパー杯

ゼロックススーパーカップ 久保、寿人の得点で広島が鹿島にPK戦の末勝利 イエローカード10枚が出る乱戦

Jリーグ新シーズンの幕開けを告げるゼロックススーパーカップ

新旧代表監督が観戦 ゼロックス・スーパーカップ

岡ちゃん J開幕戦で高原をチェック

岡ちゃん 猫なで声で西野監督を懐柔

オジェック 闘莉王の特権はく奪

アムラバトの活躍でVVVが勝利

VVV快勝も本田はスタンド観戦

本田は欠場=オランダ・サッカー

本田はねんざでベンチ外 オランダ1部リーグ

オランダVVVが平山獲り?

広島イレブン気合!天皇杯の借り返す

“ノリカル”鈴木!FKは俺に任せろ

ブンデスリーガの強豪対決 シャルケ対バイエルン

ヘルタがデュイスブルクを下す

28日、代々木のスポーツバー「La Bombonera」で、「ウイニングイレブン2008 マスコミ大会」が開催された。
各サッカーメディアから全24選手が参加し、カルチョ2002(フロムワン)のデザイナー華野氏が優勝を飾った。

ガンバ大阪・月刊誌新創刊「G-Magazine」3月8日発売開始

松坂 新球開発で過激な発言

オリックスから近鉄ロゴ消滅

朝青龍発言で松浪副大臣怒る

猪木 朝青龍と合体か

暴走王の挑発に猪木反撃

長州力が大仁田に道場出頭要請

上半身は柔道着で下半身タイツ?吉田 新戦闘服検討

浅尾美和ペアの実力は国内ですら2番手グループ。上位ペアとはスピード、パワー、技術など、すべての面で差が歴然としている。
そもそも浅尾美和が芸能活動をしているのはビーチバレーの普及と海外遠征の費用を稼ぐためだという。
最近は競技以外で水着になるのを嫌がっているという話もある。

AV審査怠ったビデ倫幹部ら逮捕へ

倖田來未 大先輩あゆを〝パクリ〟呼ばわりの過去

akkoのソロプロジェクト「MY LITTLE LOVER」の新作は、怒とうの3カ月連続リリース。作品は、「現在」をテーマにした「ラビリンス」(3月12日発売)。「過去」がテーマの「イニシャル」(4月9日発売)。そして「未来」がテーマの「タイトル未定」(5月1日発売のアルバム『アイデンティティー』に収録予定)と、3作品が連動した内容になっている。
特に、7カ月ぶりのリリースとなるシングル「ラビリンス」は、作詞はakko、作曲・アレンジは小林と2人での共同作業。歌詞には「誰より愛してる その言葉は今なんの意味も持たない」とドキッとするようなフレーズもある。あとの2作は、小林氏がプロデューサーとして参加。

フジテレビ高島彩アナウンサーが、ゆずの北川悠仁と結婚することが分かった。
ゆずは4月から全国ツアーがスタートするが、ツアーが終了する6月末から結婚の準備に入る。
既にごく親しい関係者には「ツアーが終わったら(結婚を)話し合います」と報告している。
高島アナが寿退社するかどうかは未定。

「お水取り」の名で知られ古都に春を呼ぶ東大寺二月堂の伝統行事、修二会しゅにえの本行が始まった。
スポンサーサイト
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10« 2018/11 »12

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。